女優オーディションでよく質問される内容は?

女優オーディションでよく質問される内容は?

主役や脇役を演じる際の心得

女優オーディションでは技術面だけでなく、志に関する質問も受けることになります。
仲間として相応しい内面を有するのか見られるため、好感を持ってもらえる回答を心がける必要があります。

たとえば、主役を演じるうえで意識している点を尋ねられることも多いです。
同様に、脇役を任された場合に注意すべき点も、女優オーディションの面接でよく質問されます。
いずれに関しても、それぞれの立場にあった適切な心得を伝えることが正解になります。
前者であれば、脇役を引っ張っていくリーダーシップが重要ですし、後者なら主役を引き立てるような謙虚さも欠かせません。
このように自分の役割をしっかり把握していると、安心して採用しやすくなるというわけです。
脇役の女優オーディションにおいて、主役より目立つ演技をしたいと述べることが正解と思う人もいるでしょう。
向上心をアピールするための行為ですが、チームワークを乱すリスクを警戒されかねません。

特定のシーンを想定した演じ方


撮影の現場にいるのは、プロ意識を持った人ばかりです。
主体的に動き回れる人だけが集まっているといっても過言ではありません。
そのためのノウハウを持っていることも採用の条件になります。
女優オーディションだからといって、演技のうまさだけを強調するのは間違いです。
女優の経験がある程度あれば、技術的な面ではどの人も大差はありません。
ポイントになるのは、プロとして活躍できるだけの個性を持っていることです。
どれだけテクニックが優れていても、観客の目を引き付ける個性がなければ落とされてしまいます。
ですから、どのようなセンスがあるのか確かめる質問を受けることになるでしょう。
具体的なシーンを挙げて、どのように演じるのか解説させることがよくあります。
彼氏に振られて落ち込んでいる状況や、仕事が成功して喜んでいる状況など、いろいろなパターンが考えられます。
いずれにせよ、単純に感情表現の話をするのではなく、シーンを効果的に見せる工夫について述べましょう。

まとめ

女優オーディションでは、企業の採用試験よりも厳しい面接が待っています。
しかし、しっかり受け答えをすれば、ライバル達に差をつけるチャンスになるでしょう。
いろいろな女優オーディションがありますが、すべてに通用するような無難な回答は避けなければなりません。
どのような人材が求められているのかよく考えることがポイントになります。
一つひとつの女優オーディションに対し、すべて全力投球するつもりで万全の受け答えをしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。